スタッフブログ

2018.01.09更新

鍼灸あん摩マッサージ師の上江洲ですgya

 

uezusensei

 

今回は私が初めて「納豆」に出会った学生時代の思い出を皆様に紹介させて頂きます。

 

沖縄が日本に復帰してまもなく希望と不安を抱いて千葉県は内房の全寮制高校へと進学しましたpencil1

 

そこは北は北海道から、南は八重山まで日本各地から生徒が集まる地域色豊かな高校でしたε(●’-')з

 

当時は言葉や習慣面で内地と沖縄のギャップがかなりありまして、私たちが話す日本語も〝標準語〟とはほど遠かったりで毎日が戸惑いの連続でしたennamida

 

例えば『今からそっちに来るよ』とか『これ要らないから君にくれるよ』など文法的にもおかしかったと思います。

 

最初はぎこちなかった他府県出身者とも生活を共にしている内にすぐにうち解け、三年の月日が過ぎて卒業する頃には皆が兄弟のように思えてなりませんでしたpueglitter

 

三度の食事も友人達と一緒でしたo(^▽^)o

 

その中で関東から北の出身者は「納豆」と云う〝ネバネバした不気味な食べ物〟が大好きでした。

 

今では信じられない話ですが、当時の私達沖縄出身者のほとんどは見たことも聞いたことも無い、この世のものとは思えない食べ物に出会ったんですΣヽ(゚Д゚○)ノ

 

大阪出身者も『こんなん食う奴は人間あらへん』と私たちと同じことを言ってました。

 

それが三年の月日が経ち卒業する頃には私たちも納豆大好き人間に変わっていましたnicoglitter2

 

試しに私が大好物のマヨネーズとソースを納豆に入れて食べてみると美味しいこと(●'З`)db⌒☆

 

現在でもその食べ方が後輩たちに受け継がれているそうで驚きですヾ(@°▽°@)ノ

 

皆様も是非一度お試しあれnote2

 

ではまた次の機会にお逢いしましょう ^_^/

投稿者: 琉球治療院